ブログ

「ママが好き」と「マザコン」は、大きく異なる。

秋の匂いがする風は早かったのに、暑さは変わらない9月。皆さんいかがお過ごしですか。この8月から9月にかけ、大きな切り替わりとなる人も、少なくない筈です。わたしもそのうちの一人です。

夏の始め、付き合いの長い男友達とお酒を飲んでいたとき、「男は皆、マザコンなんじゃないの?」と聞かれました。彼は10代の頃から「かあちゃん大好き」を公言し、家族や一族のルーツをとても大切にする男で、大手飲食企業のカリスママネージャーです。

「マザコン」と「お母さんが大好き、大切にしている」は、大きく異なるのです。

後者は一度、お母さんの価値観や生き方と自分を断ち切っているのに対し、前者はずっと「お母さんが可哀想、助けたい」と思っている(正確には、思い込んでいる)状態です。

お母さんはお父さんなり、同居していたお姑さん(つまりおばあちゃん)なりの、被害者である。そして、自分は子どもだったから、充分にお母さんを救えなかった。

この「不完全燃焼感」を抱いたまま、現在の生活や人間関係、仕事に程度の差はあれ影響が出るほどこじれているのが「マザコン」です。

これは一見、優しい様に見えますが実は、「お母さんにはお母さんの、人生がある」と認めていないことになります。

そしてこのマザコンを引きずっていると、恋人や配偶者といった異性のパートナーはもちろん、職場での女性等、方々の女性関係で、上手くいっていない可能性があります。

何故なら、「自分の母親は頑張っていた、お前ももっと頑張れ」という思考が、無意識に全ての女性に対し、働くからです。

一方、「お母さんと自分は別の人間、別の人生」と健全に「大人に」なっている人は、自分特有の価値観、自分だけの人生を大切に出来るので、お母さんに対しても本当の意味で「感謝」が出来、大切にすることも出来ます。

「お母さんも未熟で悩みがあった1人の人間で、彼女には彼女の学びがあるのだ」と客観視が出来るからです。

結果、母親の価値観や人生に囚われず、またそこにエネルギーをいつまでも取られないので、豊かな生活を送ることが出来ます。

自分のパートナーや周囲の女性とも、円滑に付き合うことが出来ます。

どちらが良いか、というよりはどちらが自立した大人であるかは、一目瞭然。何よりも自分が、楽なのです。

秋の夜長、虫の声を聴きながら、皆さまぐっすりと眠られますように。

湘南the evening Star

「品位がない」より「品がない」方が、ずっといい。

私の父は、いわゆる「品のいい紳士」というタイプではありません。

自然が豊かな、九州のとある街で生まれ育ち、川で泳ぎ、野山を駆け、剣道に勤しみ、男三兄弟でワイワイと育てば、致し方ない気はします。

戦争の傷跡が残る中、両親(つまり祖父母)は必死で働き、子供達を大学まで通わせました。

父の父、つまり私の祖父も、街中で食堂を数店経営した後、道場を開き、つまり剣道の先生でしたが、お茶目でチョロチョロとした人で、品のいい紳士タイプでは、ありませんでした。

しかし、祖母方の、曽祖父は違いました。曽祖父はいつも着物で、どれだけ年老いても背筋は伸び、完璧な正座をし、私は幼心にも「この人の前で、いい加減なことをしてはいけない」と、会う度に感じたものです。

曽祖父は、士族の出でした。とは言え、分家で、仕えていたお城がとっくになくなっていた上に、戦争があり、それを証明するものは、今となっては僅かです。

本家にあるという当時の城主から授かった短刀、西郷どんがお通りになったときには本家に御一行が立ち寄ったというエピソード、そんな僅かなものよりも、曽祖父自身の立ち居振る舞い、佇まいの方がよほど、説得力がありました。

ある程度の年齢になれば、「出自と品は、関係がない」のは、大勢の人が知る事実。つまり家や親ではなく、その人そのものの、魅力や培われた人柄や生き方、となってゆきます。

とりわけ、40代になった今、私が発見したのは、「品がある人」と「品位がある人」は、全くもって別だ、ということ。

私が感じる「品がある人」とは、型を知っている人、そして「品位がある人」とは、心を知っている人、です。

そして不思議なのですが、「型を知っていて、心を知らない人」は「型も心も知らない人」よりも、品位がなく見えます。

よく、お金に対する意識を変える文言にある、「お金持ち=嫌な奴」というイメージがありませんか?というのは、この「品位がない人」のことをさしているのだと思います。

そして型にとらわれて心がない人ほど、他者の「型」をジャッジし、眉をひそめます。これほど下品な行為はありませんし、それは差別主義に通ずるものでも、ある。

長年感じていたことをはっきり言語化出来、すっきりいたしました。

夏前の、束の間の涼しさの中、皆さん沢山の事が進みますように。もちろん私もです!

湘南the evening Star

「やらねば、やらなきゃ、やらないと」。それが消えたときに初めて、あなたの人生が始まります。

台風の影響か、一足早く夏が来てしまったかの様な暑さの、神奈川です。

6月の終わり、皆さまどの様に、お過ごしですか。本日は、わたし自身にとってもここ数年最大のテーマである「やらねば」についてです。

新婚時代、平日毎晩、終電に近い電車で帰宅するパートナーに、夜遅くごはんを作っていました。

背中で、その日の出来事を話しながら、夜中の12時を過ぎてから嬉々として揚げたトンカツ。今でも良い、思い出です。

彼が、「そうして欲しい」と言ったことは、一度もありません。ただ私が、そうしたかった。そしてその料理をする行為も、一緒に過ごす時間も、楽しみ以外の何でもありませんでした。

月日は流れ、娘は大きくなり、大好きだった文章を書くことが出来る様になり、大好きな人とお話しすることがお仕事となり、他にも沢山の役割やポジションが、出来てきた頃。

あれほど好きだった料理が、段々と楽しくなくなってしまいました。独身時代から、大好きだった料理。友人や家族から、褒められた料理。

「得意で大好きだったもの」はいつしか、「やらねばいけない、作らなきゃいけない、煩わしいもの」になってしまっていました。

数年前、カウンセラー仲間の、素敵な年上の女性から、「全てjoyの波動で」とアドバイスを戴いたとき、ハッとしました。

大好きだったものが、義務感から嫌々する行為に、いつしか変わってしまったこと。悲しくなりました。

そしてこれは、料理に限らず、わたしの中で克服出来ない限り、子供の頃から人生で一番大好きな、文章を書くことまでいつしか、「やらねばならないこと」になりかねない。

そう思ったのです。

あなたの中に、義務感の様なこの感覚は、ありますか?残り少ない6月を、味わえます様に。

湘南the evening Star

パートナーを見ると男の成熟度合いがわかります。

ビートたけしさんが、離婚をされました。所謂「手切れ金」、つまり別れた元奥様にお渡しした額が、200億以上。

とても素敵な、自由を知り自立されている女性クライアントさんから、リンクをいただきました。

「男だねー‼︎」と、盛り上がりました。

もちろん、それだけでは済まないマニアなのが、我々です。

「たけしさんは、マザコンを乗り越えられたのだろう」。

恐らくこの新しいパートナーは、たけしさん最愛の女性(ご結婚されていてもなお)、つまりお母様に、似ていないのだろうと。

運命の女性に巡り合い、真の男になったのだろうと、勝手ではありますが、考察したのです。

あなたの目の前の男性のパートナーは、その方のお母様に似ていらっしゃいますか?

大変大きくわかり易い、指針です。

そして「世界の北野」はやはり、世界の北野でした。

ご自身の人生をかけて日本に見せて下さったことを、忘れません。ありがとう。

湘南the evening Star

承認欲求~女は周囲に、認めて欲しい。男は利益を追求したい。

暑さが少しだけ和らいだ(気がする)夕方、いかがお過ごしですか。「涼しくなったから、今からやる事を」という方も、少なくないのではないでしょうか。もちろん私も、その一人です。

本日は、承認欲求について。私は令和になったこの日本で今更、「収入が」「稼いでいないと発言権がない」「大きな組織に所属していれば偉い」など、そんな平成の置き土産の様な、時代錯誤な事は申しませんし考えもしません。そんなナンセンスなことを考えていたら、平成生まれにたちまち、化石扱いをされて相手にされなくなってしまうでしょう。

ジェンダーも個性も、「私自身が本日感じた事、私が関わる方やご依頼いただくお仕事に関する範囲での事」、その上で述べている見解で、「それがすべての人に当てはまる事ではない」、という事を、どうか前提で、読んでいだだきたいのです。

どうしてここまでしつこく念を押すのか?それは私たちの世代が、活字に対してものすごく権威がある、と教えこまれ、ときには「?」と思う新聞記事やテレビニュースに、疑いを持ち自由に意見を交換する公の場と機会が、大変少なかったからです。

ちなみに我々の親の世代(団塊世代)はその疑問を、全共闘運動(学生運動)というかたちで、表現しました。そしてそれ自体はその後タブーと彼ら多数によって見なされ、その子どもである私たち、いわゆる「団塊ベビー世代」に対する満足のいく説明は、少なかったように思えます。

個人の意見は、その人個人による、ひとつの意見に過ぎない。大切なのはいつの時代でも、「自分の考え、好み、スタイル」を、自分の中ではっきりと、させておく事なのです。

前置きが長くなりました。本日、沢山の活躍する女性と意見を交わした上でつくづく感じたのは、「女性は、自分を認めて欲しい」と感じる生き物だ、ということです。

その昔、男たちが狩りに行っている間、和を大切にしつつ、ありとあらゆる事をこなしていた女性は、周囲とコミュニケーションを取りながら、互いの得意分野を褒めたたえ、少しずつ役割分担をしてきたのではないか、と、考察するのです。例えば木の実拾いの達人は目が良い〇〇、子どもの相手が得意なのは△△、と。

それは長い時間、女性だけでコミュニティを守る上で大切な術だったのではないかと思います。

逆に男性は、やはり「利益を追求することで、自信を得られる生き物」だと感じます。今まで折角才能がおありで固定のファンにも支えられているのに、どこか自虐的で結果的にファンや顧客が離れてしまう、「素晴らしいと感じていたのに何だ、その程度だったのか」と思われてしまう男性アーティストや自営業の方を、目にしたことがあります。

どうして、才能も生み出すものも素晴らしいのに、そんな事態を自ら招くのか。それは未熟な男性性による「いじけ」です。

自分よりも「お金持ちだ」と(勝手に)感じる人が自分の何かを買ってくれない(購入してくれないという物理的なもの、認めてくれないという心理的なもの双方)と、自分の中に潜む承認欲求が満たされず、結果として顧客を攻撃する、という常識的には考えられない行動に繋がります。

ちなみに、事務所に所属していたり、ビジネスパートナー、従業員の方がそれを補って下さっている方は、問題ありません。

何故ならそういった方は、客観的に自分に欠けているものを熟知し、それを補ってもらう、助けてもらうという形をとっているからです。それすら、「才能」の一部です。

そしてそこまで踏み切れない人は、満たされない・補って貰えない不足分を、周囲や事もあろうに顧客に、求めたりします。

それでまわっているのなら、それはそれで構わないのでしょう。でもそれでは「自分に見えているビジョン=満足している自分、本来あるべき自分、つまりかっこいい自分」には、到底たどりつけません。

一緒に数字を追って「これが本来の自分だ」と、誇りたいのなら、自分で自分に満足がしたいのなら。いつでもお待ちしております。

湘南the evening Star

この世は、強烈な「担当制」で出来ている。

五月とは思えない暑さの、神奈川です。週末は、皆さんいかがお過ごしでしたか。

平成から令和となり、「新しい時代がやって来た」と襟を正す想いがした方も、少なくなかったのではないでしょうか。わたしもその、ひとりです。

昨日は炎天下の中、娘の体育祭へ行って参りました。もちろん主役は、競技に係活動にと、走り回る中学生たち。

そして素晴らしい情熱を胸に動き回る、先生や職員方。それに加え、忙しい中仕事を快く引き受けて下さった、保護者代表の皆さん。オーラが違います。

娘の競技以外の時間には、会いたい方とはきちんとばったり会え、言葉を交わし、大切な事を確かめる事が出来ました。

いつも地域の為に、共に活動して下さる地元の会長さんや社長さん、老舗の奥さま、学区内の子どもの為に素晴らしい教室を主宰されている先生、心が通い合う友人に、子どもに対する信頼や個性重視の、お母さんたち。

それでも自分に甘いわたしは、沢山の人が行き交う場所に出向くと、うっかり自分の担当範囲を逸脱しそうになります。

自分の甘さに、立て直しをと日陰で、「わたしは、自分の担当に、専念します」と小さく口に出しました。

次の瞬間です。私服の青年が二人、わたしの目の前に踊り出しました。弾けるような笑顔で、ふざけ合っています。

よく見たら、昨年、娘が委員会で大変お世話になった三年生。一年生の面倒を、よく見てくれた男子です。母校の体育祭を皆で見に来てくれたのでしょう。入学直後で不安だった一年生たちに楽しく、親切にしてくれた彼。いつかひと言、お礼を伝えたいと願っていましたが、娘が委員会で半年一緒だった以外、何の接点もなく、諦めていました。

話しかけ、お礼を陳べると彼は笑顔で、応えてくれました。またひとつ、やるべきことを果たせた自分に、満足をしました。

自給自足の達人以外は、この社会は全て、役割分担制。それを徹底すればするほど、自分以外の役割の人を大切に、感謝することが、可能になります。

魔法の様な「yes」のサインを見せてくれた、素晴らしい若者たちに、感謝。

2019年に、想うこと。

明けましておめでとうございます。

皆さまそれぞれ、年末年始もお仕事だったり、お休みだったり、様々なカタチのお正月をお過ごしのことと思います。

わたしは今年、自分に無理強いしていた年末年始の「やらねば」をたくさん、手放しました。

久々に「joy」の感覚で、年末から過ごしております。

お正月、楽しいばかりではなく、辛いお気持ちでご親族の集まりに、出席された方もいらっしゃるでしょう。

人は、「コマ」ではありません。

何よりも大切なのは、家よりも、あなたご自身と、あなたが魂からやりたいことです。

誰もわかってくれないのなら、わたしがいます。わたしが、あなたの、味方をします。

2019年があなたにとって、素晴らしい一年になりますように。

今年も湘南the evening Starは、輝く皆さまと共に走ります。

1/2/2019 Sami Kaneko