ブログ

この世は、強烈な「担当制」で出来ている。

五月とは思えない暑さの、神奈川です。週末は、皆さんいかがお過ごしでしたか。

平成から令和となり、「新しい時代がやって来た」と襟を正す想いがした方も、少なくなかったのではないでしょうか。わたしもその、ひとりです。

昨日は炎天下の中、娘の体育祭へ行って参りました。もちろん主役は、競技に係活動にと、走り回る中学生たち。

そして素晴らしい情熱を胸に動き回る、先生や職員方。それに加え、忙しい中仕事を快く引き受けて下さった、保護者代表の皆さん。オーラが違います。

娘の競技以外の時間には、会いたい方とはきちんとばったり会え、言葉を交わし、大切な事を確かめる事が出来ました。

いつも地域の為に、共に活動して下さる地元の会長さんや社長さん、老舗の奥さま、学区内の子どもの為に素晴らしい教室を主宰されている先生、心が通い合う友人に、子どもに対する信頼や個性重視の、お母さんたち。

それでも自分に甘いわたしは、沢山の人が行き交う場所に出向くと、うっかり自分の担当範囲を逸脱しそうになります。

自分の甘さに、立て直しをと日陰で、「わたしは、自分の担当に、専念します」と小さく口に出しました。

次の瞬間です。私服の青年が二人、わたしの目の前に踊り出しました。弾けるような笑顔で、ふざけ合っています。

よく見たら、昨年、娘が委員会で大変お世話になった三年生。一年生の面倒を、よく見てくれた男子です。母校の体育祭を皆で見に来てくれたのでしょう。入学直後で不安だった一年生たちに楽しく、親切にしてくれた彼。いつかひと言、お礼を伝えたいと願っていましたが、娘が委員会で半年一緒だった以外、何の接点もなく、諦めていました。

話しかけ、お礼を陳べると彼は笑顔で、応えてくれました。またひとつ、やるべきことを果たせた自分に、満足をしました。

自給自足の達人以外は、この社会は全て、役割分担制。それを徹底すればするほど、自分以外の役割の人を大切に、感謝することが、可能になります。

魔法の様な「yes」のサインを見せてくれた、素晴らしい若者たちに、感謝。

2019年に、想うこと。

明けましておめでとうございます。

皆さまそれぞれ、年末年始もお仕事だったり、お休みだったり、様々なカタチのお正月をお過ごしのことと思います。

わたしは今年、自分に無理強いしていた年末年始の「やらねば」をたくさん、手放しました。

久々に「joy」の感覚で、年末から過ごしております。

お正月、楽しいばかりではなく、辛いお気持ちでご親族の集まりに、出席された方もいらっしゃるでしょう。

人は、「コマ」ではありません。

何よりも大切なのは、家よりも、あなたご自身と、あなたが魂からやりたいことです。

誰もわかってくれないのなら、わたしがいます。わたしが、あなたの、味方をします。

2019年があなたにとって、素晴らしい一年になりますように。

今年も湘南the evening Starは、輝く皆さまと共に走ります。

1/2/2019 Sami Kaneko

「自分を大切にしていない人」の話は、つまらない。

11月、皆さんいかがお過ごしですか。秋は深く、冬はもうすぐそこですが、神奈川はまだ暖かく、紅葉もまだまだです。

数年前、営業職時代に自分が書いたメールが出てきて、驚いたことがあります。何故ならあまりにも、流暢で、賢く見え、そつなく仕上がっていたからです。

「これ、私が書いたの?」と疑いました。あんなに理路整然とした文章、今なら絶対に、書けません。

そして当時の私はパッとしない、営業マンでした。

自分で読み返して驚くほど流暢なメールが書け、採用して下さった上司が「数年に一度の逸材」と言って下さり、それでもちっとも、パッとしませんでした。

今ならその理由が、わかります。

当時の私は、「本音を話さず」「自分を大切にしていない」人だったからです。

そして自分を大切に出来ていなかった頃の私の話は、つまらなかったと思います。

いつも周りを、盛り上げようと思って話していました。ですので瞬間風速的に、面白い時はあったでしょう。

でも、「私には価値がなく、他の人たちの方がずっと素晴らしい」と思っている人の話し方には、特徴があります。

それは、「自分の話」「自分の大切な人たちの話」よりも圧倒的に、「あまり関係ない人の話」が多い、というものです。

だから、話がつまらないんです。

その中でも「場を盛り上げよう、盛り上げよう」と頑張っているタイプの人は、もちろん「当たる」ときが多々ありますよ、

それでも、こういう人の話は、不思議と耳に、残りません。

そして自分を大切にしていないから、心の底から他者を大切にすることが、出来ません。

ある程度は上手く、行くんです。頑張っていますから。いつもいつも、「皆のために」と、思っているのですから。

だけど必ず、あたまうちになります。必ず無理が、きます。

じゃあどうしたら、そこから抜け出せるのか。

まずは「思わないことは、口にしない」、つまり口をつぐむことから、始めます。

秋の夜長、あと一時間ほどの今日が、素晴らしい時間になりますように。

湘南the evening Star

歯がゆさを払拭したい、という想い。

今日はちょっと毒舌を。

「どうしてこの人がもっともっと世に出ないんだろう、もっと世に出たら、この社会はもっと、良くなるのに」。

そんな気持ちを公私関係なく、抱くことがあります。かなり頻繁に。

逆に、これは直接知っている方や友人に対して抱くことはほとんどありませんが

「うまく、やっているよなあ」。

そう感じるものや事柄も、まれにあります。

わたしは、この世界がより良くなる為に、この仕事をやっています。

あなたの良さが、あなたの作り出すものが、あなたの才能が、もっともっと、この世界に、伝わりますように。もっともっと、この社会に、広まりますように。

クライアントさんご本人や、友人本人が抱いていらっしゃる恐らく10倍、わたしは歯がゆさを、抱いています。

何故ならわたしには、見えるから。ときには自分よりも他人の方が、よほど見えるものがあるのです。それは鏡と、一緒です。

「歯がゆさを払拭したい」そんな気持ちでいつもいつも、セッションをしております。

湘南the evening Star

「魂の目的」。

昨日の続きです。

セッション中に、わたしが到達しようと躍起になるのは、その人自身の核となるテーマです。これをわたしは、「魂の目的」と呼んでいます。

これを自身がわかっていると、何が新しいことを始めるとき、自分がぶれたとき、辛いとき、すぐ「我」にかえることが出来ます。

ちなみにこの「魂の目的」は、割と一般的な言葉で表されます。「愛」や「正義」、「平和」や「勇気」など。

ちなみにわたし自身の魂のテーマは「Love&Peace」、「愛と平和」です。

これを更に具体化すると、それぞれの個性が、出ます。

わたしの場合は「愛=こども、すべての人のインナーチャイルド、内なるこどもを癒す」「平和=わたしにとっての平和とは、すべての人が自分の好きなことをやっていいんだよ、ということ」と、なります。

セッション1回でこれが出るクライアントさんもいますし、2回目で到達する方も、いらっしゃいます。

神奈川は明るく陽気な日となりました、皆さまにとって素晴らしい一日と、なりますように。

湘南the evening Star

「繰り返しているパターン」を見つけ出す。

セッション中何をしているかというと、これを全力で、見つけ出そうとしているわけです。

ご質問してみたり、お話しして頂いたり、インナーチャイルドを拝見してみたり、リーディングという手法を使ってみたり、あの手この手で、これを見つけ出そうと必死で試みます。

なぜなら、これを見つけ出すことが「最短」になるから。

クライアントさんが、今お悩みのこと、過去のことで引きずっているもの、未来にやりたいこと。全て、この「繰り返しているパターン」に気付くだけでほぼ解決いたします。

そしてもうひとつ、わたしがセッション中に涼しい顔をしながら躍起になって探しているものがあります。

それはまた次回。

土曜日、お仕事の方も何かやろうと考えている方も、充実した一日になりますように。

湘南the evening Star

あなたに合った職場を選ぶとみんなが幸せ。

大学四年間、ひとつの事務所に所属し、ホテル業界で働いていました。

華やかな都内の老舗ホテルの数々、あらゆる業種の会社や団体主催のパーティー。毎週沢山の人や場所を見てきたことが、今のわたしの仕事に、大きな影響を与えています。

涼しくなり、連休も続き、お出かけしたい気分の方も少なくないと思います。

旅行業界のどなたかの企画があたったのでしょう(素晴らしい!)、神奈川県内もずいぶん、観光に訪れて下さる方が、増えました。

そしてそれと共に、わたしがひどく残念に思うことが、最近あります。

それは、急激に人が増えたとある観光地の(パートタイムジョブらしき)売り子さんの態度が、あまり良くないこと。

わたしは、接客が好きです。大好きです。ですので今まで選んできた職種は全て、人と接するものです。

我が家は父はサラリーマンでしたが、祖父母はどちらのうちも接客業でしたし、それを見て育ちました。性格的にも人とお話しすることが好きで、全く苦ではありません。

ですので日頃、ものすごく見ています。どのお店でも知らずのうちに人を、ものすごく観察しています。

そして残念ながら、「接客が大嫌いなのに接客業に就いている」人が多数います。

オーナーは、別です。例えばモノづくりが好きな素晴らしい職人さんに、愛想まで期待することは酷ですし、買いたいこちら側が頭を下げて然りとわたしは思っています。

しかし、もしもわたしがオーナーで、例えば和菓子職人だったとしたとき、自分が0から立ち上げたお店で、自分が魂こめて作った作品を、「この和菓子を、食べて欲しい。そして食べた人が幸せを、感じて欲しい」という気持ちで作ったものを、「観光客が多くてうんざり」という気持ちで、雇った方に売られたら?

…たまったもんじゃ、ありません。

あなたは0から会社を築き上げ、定額の家賃を毎月払い、日々変動する売り上げの中から、毎回変わらない賃金を生み出すことが、どれほどすごいことなのか、想像が出来ますか?

わたしは、愛想が良い人、感じ良く出来る人がよい、と言っているのではありません。元の性格やキャラ、環境から形成された、あれは一種の能力です。

そして愛想がない人、接客が向かない人には必ず、その事が活かされる職場、それが「能力」としてオーナーや取引先から喜ばれる職場が、必ずあるのです。

ブックオフを創業者から引き継いだ女性社長は、パートでブックオフに入り、そこから社長まで、上がった方でした。

「パート先、アルバイト先、いつ辞めてもいいし」。人が0から作り上げた大切な場所で、自宅から近いから、条件がいいからという理由で、自分には合わない職種で嫌々働くほど、周囲に迷惑な行為はないと、わたしは考えています。

そしてそういう人に限って必ず、「職場のグチ」を抱き、口にするのです。

更にマニアックな話になると、「精いっぱいやらせて貰う」という気持ちで働くのと「自分を認めて貰う」、すなわち承認欲求のために頑張るのは、大きく異なります。後者は仕事が出来ても、周囲の人にストレスを与え、ひどく、追いつめます。

では、どうしたら自分に合う職種、自分が周囲から認められ感謝され、やりがいを感じ楽しく働ける場所、あなたが輝く仕事、を見つけられるのでしょう。

その答えは、「自分を徹底的に、知ること」。そんなお手伝いを日々喜んで、しております。

人は誰もが宝の様な個性と才能と可能性を、持っているのですから。

湘南the evening Star

世代と時代が、もう違う。

この辺りは、さわやかな風が大変心地よい1日となりました、皆さん今日は、いかがお過ごしでしたか。

先日金融系の友人から、「お金のワークショップ」へ行ってきた、と話を聞きました。お金の話はわたしのセッションでも、よく出てくるものです。

そしてつくづく感じたのは、お金に対して人が持つ「イメージ」というのは本当に千差万別であること、とりわけ世代が違うと、全く異なります。

わたしの身内を例にあげると、わたしの父母は団塊世代でサラリーマンが多い世代、その上の祖父母は、まだ大企業が多数出てくる前の世代で、戦争体験があり、自営業が多い世代です。

これは個人的な感覚となりますが、わたしから見ると、祖父母たちの方が、お金に対する「不必要な思考」、つまりお金のブロックがなかった、と感じます。「joy」への後ろめたさをあまり感じない、というのでしょうか。

戦後の焼け野原から必死で働いてきたのですから、余計なことを考える余裕など、なかったというのもあるでしょう。

でもその下、父母には、お金に対する「後ろめたさ」が多少なりともあるのかな、と感じました。「戦争を知らない自分たちへの、後ろめたさ」というのも、父母の世代には少なからずあり、その感情とお金に対する概念が、絡み合っているのかもしれません。

破天荒にお金を使い、人生笑い泣き、ドラマティックに生きてきた方が多数いるのは、祖父母の世代の方ではないか、という気がいたします。

もちろんその陰には、大戦による傷あとが必ず誰しもにあったことは、言うまでもありません。

どうしても戦争の話題になると、こんなに稚拙な文章でそれに触れて良いのかと、いつも感じます。

それでもずっと、戦争の悲惨さを表現し続けてきた多くの方々に敬意を表し、今日は書かせて頂きました。

全ての人が自分らしく生きたとき、本当に平和な世の中に、なるのでしょう。

「先人たちに感謝する」とは、今の自分をめいっぱい生きること。より良い社会にする為に、今自分に出来ることに、取り組むこと。

そしてそれは決して、「自分を犠牲にする」わけでも、「必要以上に遠慮し、お金を受け取らない」というわけでもなく、

あなた自身が「幸せだ」と感じるものを、どうか受け取り、あなた自身が「豊かだ」と思える時間を、どうか過ごし、また翌日から、頑張れる自分になる。その繰り返し・循環が、大切だと思います。

そして「幸せだ」「豊かだ」という感覚も、千差万別。

それぞれがそれぞれの「豊かさ」「幸せ」を追求することで、調和するのです。

あなたの求める「豊かさ」が、知らない誰かを幸せに、しています。何故ならそれが、この社会の本当の、仕組みなのですから。

そんなお手伝いを、セッションではしております。

誰もが今夜、穏やかな夜を過ごし、安らかに眠りにつけますように。

湘南the evening Star

プロって最高。

皆さん、昨夜の台風はご無事でしたでしょうか。

我が家は海まで徒歩20分ほどですが、屋根の棟(板金)が外れました。

もっと海側の友人宅では、ウッドフェンスが倒壊したそうです。

それでも、我が家の中は雨漏りがするわけでもなく、何よりも気になるのは裏手にお住まいの、いつも本当に良くしてくださるご夫妻に申し訳ない気持ちでいっぱいで…。だって裏の家(我が家)の屋根から板金が、今にも落ちそうにぶらぶらしているのですから。わたしだったら気が気じゃありません。

恐縮しながらも朝から、友人の旦那様である大工さんにメッセージを送りましたが、オリンピックもあり建設業界の方々はお忙しく、そこに台風ですから数日後になるかな…とそれも仕方なく、考えておりました。

すると、メッセージから1時間半後には来て下さり、あざやかに屋根へ上り、わたしが危惧していた、「また飛んだらどうしよう…」という、危なそうな箇所は全て取り去って下さり、新しい板金の取り付けは、「また後日来るから」と言い残し、駆け足で颯爽と、次の現場へ向かわれました。

その姿たるや、スーパーマンとしか、言い様がありません。感激のあまり、涙が出てしまいました。だからわたしは、働く人が、プロが、好きなのです。

保険業界の友人も、SNSで早朝から、「被害があった方は現場の写真を撮っておく様に」と発信されておりました。こちらのプロも、素晴らしいです。

呉服屋だった祖父は生前、電球ひとつ、自分で替えない人でした。友人の電器屋さんに毎回、来ていただくのです。戦争を経験して焼け野原から街と生活を再構築してきた人達は、そうして互いの仕事をリスペクトしながら、日本を復興させてきました。

自分に集中すればするほど、自分には出来ないことをはっきりと認めることをすればするほど、他者への感謝がわいてきます。

公務員の方、建設関係の方、交通業界の方、保険業界の方、今日はお忙しい一日となるのでしょう。ご活躍に心から感謝をしつつ、わたしはわたしに出来ることに、集中いたします。

プロの皆さまの活躍に再度、感謝。そして今日が充実した一日になりますように。

湘南the evening Star

ロールモデルの、ありがたみ。

台風のまえ、この辺りは穏やかな晴れ間で、静かな時間を楽しんでおります。

皆さま、いかがお過ごしですか。

わたしは今日これから、小説をひとつ仕上げます。晴れているうちに犬を連れ、近所の年上の作家の友人宅に立ち寄る予定です。

今書いている物語は大学生が主人公なので、いわゆる「若者言葉」を、友人のお嬢さんにチェックしてもらっていたのです。

わたしには、年上の女性の友人が沢山おり、その存在にいつも、助けられています。

どの女性も、「こうなりたい」と強く思わせ、何かあれば即答で引き受けてくれる決断力があり、いつも温かく、地域の為に、子どもたちの為に、と考え、活動・行動・生活している、素敵な人ばかりです。

幼少期からそれこそ三十代半ばまでずっと、わたしには目標とするような、年上や大人の女性はいませんでした。

子どもの頃は新興住宅地に住み、環境は良かったのですが、新興住宅地特有の画一化は著しく、どうしても地域の力やバイヤスの関係に、限界があったのだ…と思います。

父親たちは都内へ通うサラリーマンがほとんどでしたので、「様々な職種で働く大人たち」を日常の中で目にする機会は、本当にわずかでした。

一方、わたしの母はいわゆる下町出身の人で、「近所に同い年から異年齢まで、様々なタイプのいとこが住んでおり、ワイワイしている」、というバイヤス感満載の環境で育っており、母の昔話を聞くたび、子ども心に、羨ましかったものです。

もちろん、新興住宅地にはその良さもあり、縦やバイヤスが弱いぶん、横のつながりは強く、小中学の同級生たちとは、今でも熱い絆で、結ばれております。その関係は、一生続くでしょう。

そして二学年上の先輩たちは優しく、カッコ良く、多感な中学生の頃に、「ああなりたい」と思えた感情は、一生の宝物です。

しかし、それ以上年上の人との交流は乏しく、残念ながら中学以来、わたしのロールモデルはずっとずっと、不在でした。

十年ほど前、カリフォルニアから今の街へ引っ越してきて、商店街の方々に見守られながら、駅前の小学校へ六年間通った娘を見ると、自分に当時足りなかったものを、大人になってから頂戴した気分になり、娘が卒業した今でも胸が、熱くなります。

「子どもは地域の宝です」と言葉にして下さった食品店のマダム、下校途中一年生の娘に声を掛け、トイレをお貸し下さったお寿司屋さんの大将、手作り駒を下さった通りすがりの方に、転んだ娘にバンドエイドをご自宅で貼って下さった、女性。薄暗くなっても店灯りが優しく外を照らして下さった、アイスクリーム屋さん。

全ての方がわたしのロールモデルであり、娘のロールモデルでもあります。

皆さんの温かさに感謝しつつ、わたし自身も、自分に出来ることで、今後とも、地域に貢献してゆく気持ちでいます。

そして大切なのは、この気持ちを定期的に、思い返す、ということ。

皆さまにとって、実りある一日となりますように。

湘南the evening Star