ブログ

ロールモデルの、ありがたみ。

台風のまえ、この辺りは穏やかな晴れ間で、静かな時間を楽しんでおります。

皆さま、いかがお過ごしですか。

わたしは今日これから、小説をひとつ仕上げます。晴れているうちに犬を連れ、近所の年上の作家の友人宅に立ち寄る予定です。

今書いている物語は大学生が主人公なので、いわゆる「若者言葉」を、友人のお嬢さんにチェックしてもらっていたのです。

わたしには、年上の女性の友人が沢山おり、その存在にいつも、助けられています。

どの女性も、「こうなりたい」と強く思わせ、何かあれば即答で引き受けてくれる決断力があり、いつも温かく、地域の為に、子どもたちの為に、と考え、活動・行動・生活している、素敵な人ばかりです。

幼少期からそれこそ三十代半ばまでずっと、わたしには目標とするような、年上や大人の女性はいませんでした。

子どもの頃は新興住宅地に住み、環境は良かったのですが、新興住宅地特有の画一化は著しく、どうしても地域の力やバイヤスの関係に、限界があったのだ…と思います。

父親たちは都内へ通うサラリーマンがほとんどでしたので、「様々な職種で働く大人たち」を日常の中で目にする機会は、本当にわずかでした。

一方、わたしの母はいわゆる下町出身の人で、「近所に同い年から異年齢まで、様々なタイプのいとこが住んでおり、ワイワイしている」、というバイヤス感満載の環境で育っており、母の昔話を聞くたび、子ども心に、羨ましかったものです。

もちろん、新興住宅地にはその良さもあり、縦やバイヤスが弱いぶん、横のつながりは強く、小中学の同級生たちとは、今でも熱い絆で、結ばれております。その関係は、一生続くでしょう。

そして二学年上の先輩たちは優しく、カッコ良く、多感な中学生の頃に、「ああなりたい」と思えた感情は、一生の宝物です。

しかし、それ以上年上の人との交流は乏しく、残念ながら中学以来、わたしのロールモデルはずっとずっと、不在でした。

十年ほど前、カリフォルニアから今の街へ引っ越してきて、商店街の方々に見守られながら、駅前の小学校へ六年間通った娘を見ると、自分に当時足りなかったものを、大人になってから頂戴した気分になり、娘が卒業した今でも胸が、熱くなります。

「子どもは地域の宝です」と言葉にして下さった食品店のマダム、下校途中一年生の娘に声を掛け、トイレをお貸し下さったお寿司屋さんの大将、手作り駒を下さった通りすがりの方に、転んだ娘にバンドエイドをご自宅で貼って下さった、女性。薄暗くなっても店灯りが優しく外を照らして下さった、アイスクリーム屋さん。

全ての方がわたしのロールモデルであり、娘のロールモデルでもあります。

皆さんの温かさに感謝しつつ、わたし自身も、自分に出来ることで、今後とも、地域に貢献してゆく気持ちでいます。

そして大切なのは、この気持ちを定期的に、思い返す、ということ。

皆さまにとって、実りある一日となりますように。

湘南the evening Star

一流の人は、常にリラックスしている。

台風の前にひさびさの晴れ間となった1日でした。

金木犀の香りが、夏がちょっぴり長い湘南エリアに、秋の訪れを知らせます。

金曜の秋(この辺りは始まり)の夜、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

4月よりこの半年間、日本にアロマセラピーを持ち込んだ伝説の女性、LSAジャパンのバーグ文子先生の講義を直接受ける幸運に見舞われました。

わたしが紹介するまでもなく、バーグ先生は日本に「アロマテラピー」の概念自体を輸入された第一人者であり、優れた翻訳家でもあり、アロマ関連のどなたかが来日される際には通訳もつとめられる重鎮でいらっしゃいます。

長身で、欧米の雰囲気と何故かエジプトの香りまで漂わせる、大変パワフルな素敵な女性。

講座2回目までは、終了後どうしても焼き鳥が食べたくなり、中学生の娘に「ママ、今日どうしても焼き鳥が食べたい」と話し、焼き鳥屋さんへ行ったり、家で焼いてみたり(笑)。

自分の中に、先生と向き合い講義をお聞きする、パワーが足りなかったわけです。

3回目以降は自分の腹が決まったのか、宿題をこなしたからか、焼き鳥は不要となりました(笑)。

バーグ文子先生から直接学べる貴重な講座は、LSA JAPANのサイトにお任せしつつ。

講義本筋に差し支えのない内容で、どうしても皆さまにシェアしたい、エピソードがあります。

ある回、先生はこうおっしゃいました、

「自分の道を極めた人は、リラックスしている」と。

わたしは多分、この言葉を一生、忘れません。

何故なら、わたしが今までお会いしてきた、一流の方は皆、これに当てはまるからです。

ちなみにわたしが言う「一流」とは、

「他者をジャッジしないほど、『自分』という唯一無二の存在を極めた」人、

という意味です。

バーグ文子先生は、講義中常に気さくで、飾らず、本音で、自然体でした。

「恐らく、ご家族といる時と何ら変わりないのだろう」そう感じたほどです。

そうして頂戴した学びと貴重なエッセンスを、クライアント様、身近な人たち、もちろん自分自身に活かすこと。

それが何よりのフィードバックになると、理解出来る年齢や自分になってからの学びは、本当に貴重で価値あるものだと、感じます。

台風の週末、皆さんにとって、素晴らしいときになります様に。

湘南the evening Star

「自分」ではないものに、なろうとしない。

落ち着きを取り戻した曇りの水曜日、今日は淡々と仕事ややることを進められそう。

そう感じたのは、わたしだけではないと思います。

わたしのクライアントさんには、ご経営者の方だけでなく、専門職の方が多くいらっしゃいます。国家資格を保持しており、どこか団体に属していても、独立性の高い方々です。

わたしはこの専門職の方々を、心から尊敬しています。「社会を円滑に」、というテーマの方々と、「世代をまたがり、多くの人の役に立ちたい」という方々に、職種で別れているかな、という感じがいたします。

20代の頃、この専門職に憧れ、ある資格取得を目指そうと考えた時期があります。

今思えばどうしてそんな、自分の個性とかけ離れたことを、一瞬でも考えたのか…

当時の日本は深刻な不況で、スマートフォンはまだ世にはなく、「働き方改革」なんて粋な言葉もなく、働きたい気持ちでいっぱいの、でも大したキャリアはない、出産したばかりの自分が社会に返り咲くには、それしかない、そう思ったのでしょう。

専門職の夫とすやすや眠る赤ちゃんの娘と3人、週末横浜の大きな書店で、資格取得の本や湘南暮らしの本を、あーでもない、こーでもない、と話しながら選んだのは、今となってはいい思い出です。

でも、当時のわたしのような悔しい思いや回り道を、誰にも味わって欲しくありません。絶対に。「自分で自分を知ること」、これ以上の就活への道は、他にはないのです。

だから今の仕事を、立ち上げました。

そして何ら資格を持たないわたしを信じて、お仕事を依頼して下さる専門職の皆さまに、心から感謝していますし、本当に、尊敬しております。

うたっているわけではないのに、どうしてこうも専門職の方ばかり、来て下さるのだろう。開業してからある日ふと、疑問に思ったのです。

そしてそれは、「その方々が、第一線で活躍する専門職の皆さんが、わたしに仕事を依頼して下さることで、10年以上前のわたしの傷を、悔しい思いを、癒して下さったのだ」。と気付いたとき、あっけにとられ、涙が止まりませんでした。

現在の日本の義務教育は、学校へ行けない子どもたちが多数いる国に比べれば、素晴らしいシステムでしょう。

ただ子どもたちには、「なんでもとりあえずできる」平均的な人、を目指すのではなく、「自分はこれが好きで、これが苦手で、これは得意なんだ」と自身を知る手掛かりに、して欲しい。そこで劣等感を感じる必要性は、全くないのだから。

そしてそこに、変な意味で、人格を否定するような目線で見てくる人を、自分の世界に入れないこと。成熟と年齢は、必ずしも比例しないのですから。

大切なのは、日本の教育でも、アメリカの教育でも、北欧の教育でもない。

あなた自身の個性と、それを理解し、その素晴らしさを社会と分かち合うことが、何よりも大切なのです。

まとまりのない文章になりましたが、夕方から降り出した雨が、今日も頑張ったあなたを労わる、優しい雫となりますように。

湘南the evening Star

ゼロイチの感覚がつかめなければ、本当の感謝は出来ない。

神奈川は、雨です。

9月に入ったかと思えば三連休が続き、8月猛暑のやり残しに追われている方も、少なくないのではないでしょうか。

逆に、遅い夏休みを連休とくっつけて、リフレッシュされた方も、いらっしゃると思います。

そして、会社や所属先に対して、不満がある方も、少なくないと思います。わたしも数年前まで、どこに属しても、不満ばかりでした。

どんなに大きな会社でも、どんな物でも、誰かが0から立ち上げ、少しずつ少しずつ、作り上げた。

この感覚が掴めないと、本当の「感謝」という気持ちは、味わえません。感謝という言葉だけがひとり歩きし、不平不満ばかり抱きながら、その不満は少しずつ少しずつ、心や身体に、蓄積してゆきます。

では、どうしたらこの不満が消え去り、感謝の気持ち、ゼロイチへの敬意を感じられる様になるのでしょう。

それには「主体的に生きる方向にシフトする」、「自分を丁寧に紐解いて、自分の好みや望む方向性を自分が、誰よりも理解してあげる」ことが、不可欠です。

そしてそのお手伝いを、しております。

湘南the evening Star

引きこもることにどれほどの勇気と覚悟がいるか、きみはしらない。

暑さが少し戻り、秋の寂しさが和らいだ連休です。

お客さまとお話しするとき、必ずお聞かせいただくのは、「ご家族」と「家系」のお話です。

そこには仕事から、ご自身の性格や思考、行動パターンに至るまで、驚くほどの影響が点在します。

ひとつひとつに納得し、それを強みに変え、要らない思いこみは手放し、それを丁寧にやっていくと、全てが変わります。

お話をお聞きする中で少なくないのが、ご家族・ご親族の中に「引きこもり」の方がいらっしゃる、というものです。

わたしのお客さまは、お仕事のご相談、これからのご方針、を主に、お話しに来られますので、ご本人が現在引きこもっている、というわけではございません。

では引きこもりは、悪しきことでしょうか。

わたしは、「引きこもる勇気」とは、相当なものだと感じます。

それを「実行し、継続される覚悟」もです。

なんとなく、学校へ行く、なんとなく、仕事へ行く。その方がよほど、楽なのです。かつてのわたしが、そうであったように。

「誰かを傷つける位なら、篭ろう」

そんな選択をする、そんな役割を受け持つ人が、一族の中にひとりいたとしても、それは恥ずべきことではないと、感じます。

そして「主体的に生きる」と決めたとき、この「なんとなく、仕事へ行く」はなくなります。

「日課」と「なんとなく」は、異なります。

作家の村上春樹さんがあれほど多くの人を魅了し続けるのは、作品だけではなく彼の「仕事のスタイル」も大きいでしょう。

毎日ランニングかスイミングをし、執筆をする。という彼のスタイルに、「なんとなく」という受け身の印象は、みじんたりとも、感じません。

そこには「主体性」しかなく、フロントランナーとは常にそういうものなのだ、と強く強く、感じるのです。

今日が皆さんにとって素晴らしい日に、なりますように。

湘南the evening Star

孤独をわかち合うということ。

毎年、この季節が好きなのと同時に、わけもわからない、切なさを感じる時期でもあります。

とりわけ今年は8月が猛暑だったため、急に涼しくなり、心か身体のどちらかがついていけない、例年とちがう。そう感じている方も、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

孤独を感じたとき、わたしはいつもよりも、動くことにしています。それは人と沢山会う、会食をする、といった社交的かつ他者への依存的なものではなく、労働、活動、といった類いのものを、物理的に、増やします。

尊敬してやまない故・坂本九さんのお母様は、九さんに「寂しいときは、自分より寂しい人たちのために働きなさい」と仰ったそうです。

十数年前、先が見えなかった頃に出会ったこの言葉は、今でもわたしの心を街燈のように、優しく照らします。

経営者やリーダーは、孤独です。

そして孤独は「社会とわかち合うこと」でしか、癒えない。

「自分の孤独をどれだけ社会とわかち合えるか」、そしてそこから被害者意識がなくなると、自分で納得が出来るサイズのものが、生まれる。

そう考えて、います。 湘南the evening Star

セッションメニュー・料金

*menu *

Session fee       ¥13,000

Writing+Session    ¥30,000

✴︎スカイプ・無料通話によるセッションも承っております。同料金いただいております。

✴︎ご継続をお考えの法人・個人事業の方向け(2回目以降)¥30,000/月 月に一回のセッションに加えメールや電話等で随時フォロー・必要な場合はライティング込

✴︎セッション所要時間は1時間弱ほど、ライティングはその後納品まで、お日にちを頂いております。

✴︎オフィスや事務所、お店にお伺いするスタイルで承っております。それ以外の方は、JR茅ヶ崎駅近辺、もしくは横浜市日本大通り駅近辺、神保町駅前でセッションをさせて頂いております。

✴︎どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。