あなたに合った職場を選ぶとみんなが幸せ。

大学四年間、ひとつの事務所に所属し、ホテル業界で働いていました。

華やかな都内の老舗ホテルの数々、あらゆる業種の会社や団体主催のパーティー。毎週沢山の人や場所を見てきたことが、今のわたしの仕事に、大きな影響を与えています。

涼しくなり、連休も続き、お出かけしたい気分の方も少なくないと思います。

旅行業界のどなたかの企画があたったのでしょう(素晴らしい!)、神奈川県内もずいぶん、観光に訪れて下さる方が、増えました。

そしてそれと共に、わたしがひどく残念に思うことが、最近あります。

それは、急激に人が増えたとある観光地の(パートタイムジョブらしき)売り子さんの態度が、あまり良くないこと。

わたしは、接客が好きです。大好きです。ですので今まで選んできた職種は全て、人と接するものです。

我が家は父はサラリーマンでしたが、祖父母はどちらのうちも接客業でしたし、それを見て育ちました。性格的にも人とお話しすることが好きで、全く苦ではありません。

ですので日頃、ものすごく見ています。どのお店でも知らずのうちに人を、ものすごく観察しています。

そして残念ながら、「接客が大嫌いなのに接客業に就いている」人が多数います。

オーナーは、別です。例えばモノづくりが好きな素晴らしい職人さんに、愛想まで期待することは酷ですし、買いたいこちら側が頭を下げて然りとわたしは思っています。

しかし、もしもわたしがオーナーで、例えば和菓子職人だったとしたとき、自分が0から立ち上げたお店で、自分が魂こめて作った作品を、「この和菓子を、食べて欲しい。そして食べた人が幸せを、感じて欲しい」という気持ちで作ったものを、「観光客が多くてうんざり」という気持ちで、雇った方に売られたら?

…たまったもんじゃ、ありません。

あなたは0から会社を築き上げ、定額の家賃を毎月払い、日々変動する売り上げの中から、毎回変わらない賃金を生み出すことが、どれほどすごいことなのか、想像が出来ますか?

わたしは、愛想が良い人、感じ良く出来る人がよい、と言っているのではありません。元の性格やキャラ、環境から形成された、あれは一種の能力です。

そして愛想がない人、接客が向かない人には必ず、その事が活かされる職場、それが「能力」としてオーナーや取引先から喜ばれる職場が、必ずあるのです。

ブックオフを創業者から引き継いだ女性社長は、パートでブックオフに入り、そこから社長まで、上がった方でした。

「パート先、アルバイト先、いつ辞めてもいいし」。人が0から作り上げた大切な場所で、自宅から近いから、条件がいいからという理由で、自分には合わない職種で嫌々働くほど、周囲に迷惑な行為はないと、わたしは考えています。

そしてそういう人に限って必ず、「職場のグチ」を抱き、口にするのです。

更にマニアックな話になると、「精いっぱいやらせて貰う」という気持ちで働くのと「自分を認めて貰う」、すなわち承認欲求のために頑張るのは、大きく異なります。後者は仕事が出来ても、周囲の人にストレスを与え、ひどく、追いつめます。

では、どうしたら自分に合う職種、自分が周囲から認められ感謝され、やりがいを感じ楽しく働ける場所、あなたが輝く仕事、を見つけられるのでしょう。

その答えは、「自分を徹底的に、知ること」。そんなお手伝いを日々喜んで、しております。

人は誰もが宝の様な個性と才能と可能性を、持っているのですから。

湘南the evening Star

投稿者: shonaneveningstar

湘南エリアで、独自のコンサルティング・カウンセリング・ライティング業務を行っています。 「ご経営者皆様の一番の、相談相手でありたい」と、いつも願っております。 夕方西の空を見上げたときに見える、宵の明星のように。 頑張る皆様がほっと一息つけて、「明日からまた頑張ろう」と思えますように。 そんな想いから、湘南the evening Sarは生まれました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中