その家、ほんとに継ぐ必要ある?〜長男マインドという負の連鎖〜

立春を跨ぎ、久々に静かに燃ゆる内なる炎を感じております。同じ感覚を、同じこの時期に抱いている方、もしくは年度末に向け、立ち上がる必要があるリーダーの皆さま、心共に。

わたしの周りには、「家を継がなかった長男」がゴロゴロ存在します。父親から始まり、パートナーまで。もちろん、クライアントさんにもです。

そしてこの、「継げなかった」という自分を責める想いは、驚くほどに、自分と、自分以上に周囲の大切な人を、攻撃いたします。

あなたの大切な娘さんが、この「長男マインド」に陥り、男性パートナーも作らず、ひたすら家にいて、やりたいことも諦めてしまっていたら、あなたは、どうしますか?しかもそれは、無意識で。

好き好んでそれを選択している様に見えるでしょう。でもそれが、あなたの自責の念のせいの場合、一体どう責任を、取りますか。

そしてわたしは、数多くの「長男マインド」に陥ってしまわれた女性を、見て参りました。

自分を特別可愛がって下さったお父様やお祖母様を大切に思う、人一倍優しく気遣いが出来る女性、弟さんやお兄様が繊細で、「自分が頑張らなければ」と背負う、責任感がある女性が、多い。

そもそも鈍感でしたら、こんな家族や一族の想念に、気付きません。一時話題になった「鈍感力」は、立派な能力なのです。

セッション中に解決出来ることがほとんどですが、

例外も一度あり、ある方には、グループワークを主催する、大変その腕前に信頼を寄せる心理療法家の仲間を、紹介いたしました。何故なら彼女は、その親の期待である「長男マインドの押し付け」を、自力で若いうちに蹴破っているからです。

私の祖父の時代は、戦争で多くの家が、長男を失いました。我が一族の場合、長兄を失わなかったのは、父方の祖母のみです。

また、時代の変換期、「そんなものより大切なものがある」と、誰もが知っていました。

誰かが始めた家業は、誰かの人生や心身を犠牲にしてまで、継がなければいけない、ものですか。

もちろん、国や伝統を背負って、それがご自身の魂の目的とリンクし、活躍されている方は数多くいますし、その様な方は、沢山の人々の尊敬を集めています。

ヤマト運輸やタカキベーカリーを始め、自身のやりたいことやお役目とそれが合致し、家業を継ぎ、更なる社会貢献を実現し、一族のミッションを脈々と受け継ぐことで、沢山の人のお役に立っている「継いだ方」が大勢いらっしゃることも、事実です。

ちなみに、継がなかった自分を責める想いがない方、昇華されている方は、強い。だって、敷かれたレール以上の道を、自力で見つけたのですから。こういう方は、自分の道で人一倍、輝き活躍されている筈です。

馬鹿馬鹿しい負の連鎖を断ち切り、全ての人がその人らしく、輝きますように。

2020/2/14

湘南the evening Star

Sami Kaneko

投稿者: shonaneveningstar

湘南エリアで、独自のコンサルティング・カウンセリング・ライティング業務を行っています。 「ご経営者皆様の一番の、相談相手でありたい」と、いつも願っております。 夕方西の空を見上げたときに見える、宵の明星のように。 頑張る皆様がほっと一息つけて、「明日からまた頑張ろう」と思えますように。 そんな想いから、湘南the evening Sarは生まれました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中