「エンドユーザーに八つ当たりする人」には、雇用でもオウンビジネスでも未来はない。

「未来、沢山の職種が、AIに取って代わられる」。コロナ以前、仕事に関する「不安」は、このテーマが大きかったと思います。

AIがどれだけ素晴らしくても、それは人が作ったものです。素晴らしいのは作った人です。

大学時代、日本政府がIT革命を謳った頃、富士通出身の教授が、情報科学論の授業中に言った言葉を今も忘れません。「コンピューターが利口なんじゃない、君たちが利口なんです」。エンジニアによるそのまっすぐな本音は今も、私の心を支えるものとして、生きています。

時代はまた変わり、人の仕事も変化し、今回は「エンドユーザーに八つ当たりをする人」という、びっくりしますがごくたまに見かける人々について、今日は読み解きます。

丸4年間ホテルのサービスマンだった私にとって、そして人と直接お話しをする事がメインの事業である私には、はっきり申し上げてこの様な人たちは今も、個人としては、理解しがたい人種です。

ではもしも私の所に、「エンドユーザーに八つ当たりをしている人」が、変わりたいと相談に来たら?

私ははっきりと告げます。「あなたが本当に、それをぶつけたい相手は、誰ですか?」と。

他に不満をぶつけたい相手がいるのに、その人物には怖くてぶつける事が出来ない、だからよりによって、「エンドユーザーに八つ当たり」というサイアクな形で、不満が吹き出るのです。そしてそれは、甘えでもあります。

特徴としては、基本的にあまり仕事をしたくないタイプか、仕事は人一倍好きでやる気があっても、人に上手く指示を出したりお願いが出来ない、人との付き合いが不器用で、そして実際はものすごく臆病なタイプの2タイプに分かれます。

新しい時代がやって来ます。あなたの中の課題が何かひとつ、今日の雨に洗われ、練られて、また一歩進めることを、祈っています。もちろん私も、進みます。

湘南the evening Star

投稿者: shonaneveningstar

湘南エリアで、独自のコンサルティング・カウンセリング・ライティング業務を行っています。 「ご経営者皆様の一番の、相談相手でありたい」と、いつも願っております。 夕方西の空を見上げたときに見える、宵の明星のように。 頑張る皆様がほっと一息つけて、「明日からまた頑張ろう」と思えますように。 そんな想いから、湘南the evening Sarは生まれました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中