自分と異なる人へのリスペクトが、自分の個性を輝かせる。

GW初日、いかがお過ごしですか。わたしは皆さまとセッション中よく話題にのぼる「健康」に関する勉強の為、ガラ空きのJR線で川崎へ向かっています。

車内で、とても素敵な女性をお見かけし、大変嬉しくなってしまいました。失礼のない程度に何度も、視線を投げかけてしまいました。ご年齢は50代後半から60代前半位でしょうか、

Cath Kidsonの花柄のリュックに同柄の小さめなボストンバッグ、チュールのスカートにエンジ色のタイツ、この雨の中、綺麗に手入れのされた、ミントグリーンのスニーカー。小さなパールのピアスに、完璧にセットされた前髪、リボンのついたバレッタ。もう、惚れ惚れしてしまいました。完璧過ぎる50’sブリティッシュスタイル、本当にセンスよく、可愛く、素敵でした。

わたしを知る人にはおわかりの通り、このスタイリッシュな女性のスタイル、わたしと被るものが何ひとつありませんでした。強いて言えば、エンジ×ミントの色合わせは、わたしも好きです。つまり人は、自分と全く違う個性を極めている方に対し、完全にリスペクト出来ますし、社会や世界とは、そうして出来ている。そう心から感じます。

誰もが、自分の個性と特技を大いに発揮出来る世の中でありますように。

湘南the evening Star

投稿者: shonaneveningstar

湘南エリアで、独自のコンサルティング・ライティング業務を行っています。 「ご経営者皆様の一番の、相談相手でありたい」と、いつも願っております。 夕方西の空を見上げたときに見える、宵の明星のように。 頑張る皆様がほっと一息つけて、「明日からまた頑張ろう」と思えますように。 そんな想いから、湘南the evening Sarは生まれました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。