涙の種類。

梅雨と夏の間のこの季節、いかがお過ごしですか。雨の雫に関連し、今日は仕事する上での涙の話です。

職場の上司にきつい言い方をされた、理不尽なお客から嫌な思いをさせられた、こんなときに流す涙は、自分以外の誰かのせい。

一方、自分のいたらなさ、レベルに達していないとき、後悔でも自責でもなく、自分のふがいなさにただただ力なく、泣ける。わたしはその涙を、「純度の高い涙」と定義しています。

この純度が高い涙が流れたあと、人は飛躍します。人間関係が上手くいったり、仕事が何本も舞い込んできたり、ミラクルとかラックとか形容したくなる様な事が、次々と起こります。

何故か?それは、誰かのせいにするでもなく、自分を責めるのではなく、ただただ自分の至らなさ、実力の足りなさに、純粋に涙するからです。

現在の自分の立ち位置を認め、実力を認め、他者や過去の自分のせいにしない、純粋な敗北感が、この後自分を飛躍的に、成長させるからです。

そしてわたしは、そんな涙を流した人を、心から応援いたします。

まだ明るい日曜の夕方、実りあるお時間を。

湘南the evening Star

投稿者: shonaneveningstar

湘南エリアで、独自のコンサルティング・カウンセリング・ライティング業務を行っています。 「ご経営者皆様の一番の、相談相手でありたい」と、いつも願っております。 夕方西の空を見上げたときに見える、宵の明星のように。 頑張る皆様がほっと一息つけて、「明日からまた頑張ろう」と思えますように。 そんな想いから、湘南the evening Sarは生まれました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中